第5回 松本市(H19.9.22)

第5回スローライフサミット (松本市 ホテルブエナビスタ)

スローライフをキーワードにまちづくりに取り組む7市長をはじめとする10市関係者が、長野県松本市に集まり、第5回会議を開催した。平成18年度の決算、平成19年度の事業計画及び予算の承認のほか、今までの取組みを総括し、今後加盟都市が一体となってスローライフのまちづくりを進めるための精神をまとめた「スローライフまちづくり全国都市会議・スローライフ憲章」を制定した。また、次回平成20年度の開催地を岐阜県美濃市、平成21年度の開催地を鳥取県鳥取市に決定した。その後、「魅力あるまちづくりとスローライフ」をテーマに活発な意見交換がなされ、「スローライフまちづくり 松本宣言」を採択した。

5matsumoto-01 5matsumoto-02

スローライフまちづくり全国都市会議・スローライフ憲章

平成15年から始まった「スローライフまちづくり全国都市会議」において、私たちは、スピードや効率性は大切にしつつも、都市環境や市民生活のありようについて本質を見極め、先人より培われ今に息づく「ほんもの」を大切にする価値観により、一人ひとりがより人間らしく自然に、ゆっくり、ゆったり、豊かな心で生きていけるような社会「スローライフのまちづくり」が必要であると提唱してまいりました。そして、「スローライフ」によるまちづくりの方策を相互に研究し意見を交換することにより、魅力的で個性豊かなまちづくりに寄与することを目的に活動をしてまいりました。

これからのまちづくりや人づくりには、大量生産・大量消費社会への反省から、スピードや効率性だけでなく、人の存在意義を見つめ、自然の豊かさを実感でき、地域の個性を大切にし、人と人が助け合う風土を築く姿勢が求められております。
私たちは、「住んで良かった」「来て良かった」と思えるスローライフのまちづくりを、市民との協働により推進し、地方という「個」がそれぞれに輝く未来型地域社会の実現をめざして、ここに憲章を定めます。

1、 ふるさとの自然や先人が培ってきた伝統文化を継承し、まちづくりへの活用に努めます。
それぞれの地域には、貴重な自然や伝統文化がたくさん残されていますが、日々の“スピードライフ”な生活の中に埋もれています。スローライフな視点で個性あふれる貴重な財産を発掘していきます。
1、 活動に際しては、結果とともにその過程を大切にします。
活動の結果ももちろん重要ですが、活動する過程で得られた発見や住民の意識の変化など、活動によって動き出した小さな変化を大切にしていきます。
1、 それぞれの自主性と多様性を認め合い、個性豊かなまちづくりをめざします。
利便性向上と合理化を追求する過程の中で見失ってきたものがたくさんあります。多くの人の目にとまらなくとも、それぞれが持つ歴史や背景に敬意を払い交流を深め、住民の心が豊かになれるまちづくりをめざしていきます。
1、 消費生産の繰り返しではなく、今あるものを大切にし、持続可能な社会を目指すとともに地域の誇りを育てます。
今まで何気なく見過ごしてしまっているものを、あらためて見直してみましょう。先人が残してくれた貴重な財産を浪費せず、環境にも配慮し、持続可能な社会をめざすことも重要です。また、郷土の自然と豊かな歴史を慈しむとともに、地産地消を呼びかけ、郷土料理や伝統食を伝え、伝統工芸や職人の技を守り育てるなど、ふるさとを学び伝統文化の理解を深め、地域の個性を尊重しつつ新たな価値を創造していきます。

平成19年9月22日
スローライフまちづくり全国都市会議

スローライフまちづくり 松本宣言

私たちは、経済優先の社会のなかで、より速いもの、より多いもの、より新しいものを求めてきました。しかし、現在、日本の総人口が減少期を迎え、地球規模での環境問題に象徴される時代の潮流の中で、個人の価値観やライフスタイルも徐々に変わり、経済的な豊かさや効率性の追求よりも、自然と調和し、ゆっくり、ゆったりした、健康的な「スローライフ」を求める人々が増えてきました。

今、私たちは、恵まれた自然と先人たちが築いた郷土の伝統や文化のもと、限りある地域の資源を見つめ直し、大切にしながら、健康で、生きがいの持てる、環境に配慮した持続可能な社会の構築をめざしていく必要があります。
そこで、私たちは、20年・30年先を見据えて、「暮らしてみたい」「暮らしていたい」と思えるスローライフによるまちづくりを進め、市民一人ひとりが光り輝き、魅力と活力そして潤いと安らぎに満ちた、次世代に誇りを持って、引き継ぐことのできるまちを創造していくことを、ここに宣言します。

平成19年9月22日
スローライフまちづくり全国都市会議

その他、スローライフ関連事業

9月22日(土)

松本市内散策

・中町通り(松本カーフリーデー・カーフリーエリア)
・松本城公園(松本カーフリーデー・カーフリーデーメイン会場)
・松本城見学(案内ボランティアから説明)

5matsumoto-03 5matsumoto-04

レセプション (ホテルブエナビスタ)

サミット出席者による交流が図られた。また、小澤征爾氏も参加する世界的な音楽祭である「サイトウキネンフェスティバル」についてビデオで紹介された。

 

9月23日(日)

スローライフシンポジウム (Mウイング)

基調講演

【テーマ】 「都市と地方の機能を生かすスローライフの提案」
【講   師】 マエキタ ミヤコ氏
>>>>(NPO広告メディアクリエイティブ「サステナ」代表)

5matsumoto-05
光合成ライブ

美咲氏

パネルディスカッション

【テーマ】 「魅力あるまちづくりとスローライフ」
【パネリスト】 マエキタ ミヤコ氏
>>>>>>谷崎 テトラ氏(構成作家、音楽家)
>>>>>>額賀 進氏(松本市奈川在住、移住実践者)
>>>>>>宮澤 美香氏(新規就農者、子育て中)
【コーディネーター】
>>>>>>大岩 堅一氏 (フリーアナウンサー)

 

5matsumoto-06