第10回 飯田市(H24.7.20)

第10回スローライフサミット (飯田市 山本杵原学校)

スローライフをキーワードに、まちづくりに取り組む5市の首長をはじめとする8市の関係者が長野県飯田市に集まり、第10回会議を開催した。平成23年度の事業報告及び決算、平成24年度の事業計画及び予算の報告、役員市退会に伴う役員の選任(副会長に鳥取市長)を行った。その後、「エネルギー問題とエコライフの実践」をテーマとして意見交換会を行い、「スローライフまちづくり 飯田宣言」を採択した。

10iida-01 10iida-02

スローライフまちづくり 飯田宣言

戦後の高度成長期からバブル崩壊を経て、「失われた20年」と言われる東日本大震災前の時代に対して、震災後のわが国は、これまで以上に「人と自然の結びつき」「人と人の結びつき」を重視する傾向が強まりつつあります。

また、震災による再生可能エネルギーの利用促進への関心の高まりに応えるべく、エネルギー・環境・経済が好循環する取組を加速させて、省エネルギーの推進や再生可能エネルギーの地産地消による低炭素社会づくりを進めていくことが必至となっています。

そうした中で、都市環境や市民生活のあり方について、その本質を見極め、先人より培われ、地域に息づく「ほんもの」を大切にする価値観により、一人ひとりが、多様な生活を自ら選択できる「スローライフのまちづくり」の推進が、震災後の時代において、私たちに求められる姿勢であると考えます。

そこで、私たちは、固有の歴史の積み重ねの中から、地域の人々の結びつきと協働の力が発揮され、地域の自然と共生し、独自の歴史、伝統、文化を大切にして暮らすこと、さらには、感性を磨き、豊かな人間関係を大切にしながら生活することに価値観を置く「スローライフのまちづくり」を積極的に推進することで、美しく、豊かで、ゆかしい地域の資産を、次の世代に確実に引き継いでいくことを、ここに宣言します。

平成24年7月20日
スローライフまちづくり全国都市会議

その他、スローライフ関連事業

7月20日(金)
意見交換会 (山本公民館) 10iida-03
レセプション (山本公民館)

サミット出席者による交流が図られた。
また、飯田市山本南平地区の伝統芸能である「神楽獅子」が上演された。

 

10iida-04
7月21日(土)

視察
・飯田市美術博物館(プラネタリウム)
・ラウンドアバウト
・エコハウス
・天竜峡散策
・メガソーラーいいだ

10iida-05 10iida-06